借金の時効援用

借金の時効援用

「時効」という言葉を耳にしたことがある方は多いと思いますが、あらゆる借金についても時効があり、条件が整うことにより、貸し手に対して「もう時効なので支払いはしません」と主張することができるようになります。これを法律用語で「時効援用」と言います。

時効援用に大事なポイントは
1.時効の起算点(いつから数えるか)
2.時効期間(何年経過しているか)
3.中断事由(時効期間が巻戻されてしまう事情の存否)
4.時効援用(時効の旨を相手に申し出ること)

原則的に消費者金融・信販会社からの借入金は、最後の支払いから5年となります。
よくある勘違いなのですが、仮に時効期間が経過しても、借りた方から「時効援用」をしない限りは、貸し手は請求することも裁判をすることも可能なので、「もう何十年も経っているので放っておいて良い」と思っていると、突然督促状がきたり、裁判をされて慌ててしまうことになります。

また、「時効援用」をしないと、個人信用情報に「延滞」のまま登録されている可能性が高い(いわゆる「ブラック」の状態)ので、長期間放置している借金がある場合は、時効援用を検討されることをおすすめします。